Udemy After Effects初級講座 初つまずき&少しずつ難しくなってきました【#大人の夏休み】④

お役立ち情報

皆さんこんにちは。双六問屋です。
見に来てくださりありがとうございます。

先日からUdemyのAfter Effects初級講座を受講しています。
私が受講しているのはこの講座。

初心者入門 After Effects(アフターエフェクト)モーショングラフィックス基礎講座【14時間フル学習コース】

前回までは、初作品を作り、その後の2作品目でいきなりプロっぽいのができて喜んでいました。
喜んでいたのですが・・・

スポンサーリンク

学習記録 5日め→初つまずき。After Effectsの「塗り」が出てこない。

「昨日はプロっぽいの作れて嬉しかったな~、さて今日もやるかー!」と新しい章に突入しました。
おお、次は写真を動画にはめこんでいくのか、やりたかったやつだ。
と、素材のダウンロードをし(素材は全部講座内に用意されているのでダウンロードするだけです。楽ちん)、進めていったのですが、問題発生。

テキストにアニメーションをつけるためにテキストをシェイプに変えます。
「テキストからシェイプを作成」を選択。「アウトライン」ができ、テキスト内の「塗り」を消していく工程。

あれ??講座上のAfter Effectsには「塗り」のパネルが出てるのに、私には出て来ない

どういうことかというと、
(著作権に配慮し講座の画面は使わず、その時の状況を私のAfter Effectsの画面で再現します)

先生の画面はこんな感じでした

先生の画面には「塗り」「線」が出ているのに

私の画面には、「塗り」も「線」も出てこない。

アップにすると

「シェイプ」を選択してないから、「塗り」が出てこないのかな?と思ったのですが、ちゃんと選択しています。

何度か動画を巻き戻してみますが、違った作業はしていません。
「After Effects 塗り 出て来ない」などでググるも解決されず。
勉強本体とは関係なく、操作トラブルが起きて中断してしまう時って、気持ちが萎えませんか?
私は萎えます。すぐに・・・

しかし!ここでやめるわけにはいきません。
「あー、これは質問書き込もうかな」と考えました。
Udemyでは、コースごとに受講者が質問を書き込めるようになっていて、それに対して講師が回答しています。
(回答までの早さは講師によりますが、結構皆さん早めにしているみたい。私がこれまでこのブログで紹介してきた講師のクチコミ評価が高いのは、回答の早さも理由の一つかも。)

その時、「あ、もしかして・・・!」と思い、一度プロジェクトに名前をつけて保存し、立ち上げ直しました。


立ち上げ直しただけで、「塗り」「線」が表示されました。
何が悪かったかはわからないけど、とりあえず一旦終了して立ち上げ直せば解決するという、パソコンソフトあるあるでした。今回は、質問せずに自己解決。

原因ははっきりわからないけど、ま、解決したからいいか~!今度同じこと起きたらまた考えよう。
というわけで、初つまずきありましたが、なんとなく解決しました。よかった。

学んだこと
・動画 42~48
・デザイン・アニメーション
・4日目の動画作成をベースに、もう少しだけ複雑なアニメーション作成。
・テキストをシェイプに変更、アウトラインのアニメーション。
・エクスプレッション、よく使うので覚えておくと便利。
・もらったAfter Effectsファイルを、コンポジションパネルに入れて開けばすぐ使える。
カラーをもらえば、その色を見ながら、カラーコードもコピーできて便利。
・After Effectsの表示がおかしかったら、一度保存して、立ち上げ直す!

学習記録 6日め→難しくなってきた。細かい作業を確認しながら進める。

さて、少し複雑なアニメーションを作るパート2です。
だんだんと難しくなってきました。
作業自体は難しくありませんが、複雑になっていきます。

リピーターを追加する階層を間違えそうになりました。

どの階層に入れるか(何のファイルを選んでおいて、追加をするのか)確認する必要があります。
上の画像でいうと、子フォルダ「楕円形1」の上で右クリック、追加を選んでしまうと、楕円形1の中にリピーター2ができてしまう。必ず、親フォルダの「コンテンツ」を選択した状態で右クリック、追加を選ぶようにする、ということです。


私は最初、思いっきり間違えて子フォルダの中に追加してしまったのでもう一度作り直しました。

この作業やっている時、「動画学習って便利だなー」とつくづく思いました。
わからないところは何回でも巻き戻し→再生(再生スピードも変更可能)→一時停止できて、自分のAfter Effectsの画面と見比べ、どこが違うかじっくり確認できるのすごく便利です。
対面の授業だと、何回も聞くの遠慮しちゃいそうになりますが、動画学習なら何回やっても誰にも迷惑かけないですからね。
私は一個一個確認しないと次に進めないタイプで時間がかかるので、この方法はすごく助かります。

学んだこと
・動画 49~52まで
・アルファマットを使って、マスク部分だけ切り抜く方法、おさらい。忘れていた部分もありましたが、丁寧に説明しなおしてくれたので問題なくできました。
・写真の切り抜き、ロトブラシツール。
Photoshopを使っているので切り抜きは抵抗なし。After Effectsの切り抜きも想像以上に簡単でした。
・プリコンポーズとタイムリマップ
タイムラインパネルの中に、通常通り写真を入れてロトブラシツールでの切り抜きの処理を行うと、
タイムラインに並べてある写真の枚数(総フレーム数)、1枚1枚に切り抜きの作業が発生してしまいパソコンにも負荷をかけてしまう。
使う写真が1枚なら、最初に切り抜きした1枚の写真を固定でずーっと動画に表示させておけばいいよね、というときに使うのがプリコンポーズとタイムリマップ。(であってるはず)

段々と難しくなってきたけど、今のところはできています。
少しずつでも、時間が空いたとしても、最後まで続けることを目標に続けていきます。
少し難しくなってきたから、出来上がった時はきっと嬉しいはず。
つまずいたけど、まだ気持ちは折れていないので学習を継続してみます。

ここまで読んでくださりありがとうございました。
それではまた。双六問屋でした。

「Udemyって、You Tubeの無料動画と違いあるの?」「PhotoshopやPremiere Proでおすすめの講座は?」とお考えの方はぜひこちらの記事もごらんください。

After Effectsをこれから始めたいと考えている方へ

After Effects単体の価格は、Adobe公式サイトで年間32,736円(1ヶ月あたり2,728円。年間プラン月々払い)です。
アドバンスクールオンラインの『オリジナル通信講座セット(Adobe Creative Cloud 学生・教職員個人向けライセンス付き)』なら、After Effects・Photoshop、Premiere Pro他、Adobeのアプリが使い放題で年間39,980円、(12ヶ月で割ると1ヶ月あたり3,332円)なのでかなりお得です。

アドバンオリジナル制作の通信講座11講座がしっかりと用意されているのでじっくりと学べます。
課題や学習ノルマはありません。
個人での商用利用OKのライセンスです。社会人でもお得に使えるので、これからAdobeを始めたい方だけでなく、現役でAdobeCCを利用している方にもおすすめです。

色んな映像編集に挑戦したい方、好奇心旺盛な方、Adobe Creative Cloudコンプリートプランを格安で購入したい方、ぜひ一度アドバンスクールオンラインのプランを見てみてください。

双六のおまけ

先日、渋谷のライブハウス「渋谷近未来会館」に行ってきました。内装イメージは「香港の廃墟」。
めちゃくちゃ良かった!!!また行きたい!!!雰囲気も音も良かったです。
(撮影とWEBアップの許可は、叶芽さんと会場にいただいています。ありがとうございます。)

以前ブログでもご紹介した、叶芽フウカさんのライブを見てきました。

叶芽さんの記事はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち情報レビュー
スポンサーリンク
双六問屋をフォローする
双六日録

コメント

タイトルとURLをコピーしました